Shmoo Plot Tool

Shmoo Plotは、測定条件を変化させながら繰り返し測定項目を実行するアナリシスIPです。
下記のようなデバイスの特性を視覚的に確認できます。

  • 論理回路の動作可能周波数
  • 論理回路の動作可能電源電圧

機能

  • 測定条件を変化させながら繰り返し測定項目を実行し、パターンプログラムの結果をグラフで表示できます
    • 変化させる測定条件のパラメータは、2つまで指定できます
    • 測定条件を変化させる条件は、次のいずれかの方法で指定できます
      • 開始値と間隔、回数で指定する
      • 測定条件のパラメータを選択し、その値に対する倍率とオフセット値を指定する
    • 測定条件を変化させる条件は、ワークプロジェクトに保存・読み込みできます
  • 測定項目の実行結果は視覚的に表示できます
  • 測定項目の実行結果と測定値は、コンソールに出力できます
  • 測定項目の実行結果と測定値は、CSV形式でファイルに保存できます

カートに入れる

製品グループアナリシスIP
型番PCXT01-M6001
関連リンク
提供元株式会社アドバンテスト
対応機器
  • CX1000P CX1000_MCU
  • CX1000D CX1000_MCU
  • CX1000D S2-LINK CX1000_MCU
Pattern Viewer Tool

Shmoo Algorithm

リビジョン

リリース日リビジョン番号内容
2021年04月01日(木)2.44.00
  • 不具合項目

    1. 起動時のメモリ・リーク改善
      起動時にメモリリークがあり、起動・終了を繰り返すと多大なメモリを消費していました。

      • 改善後の動作
        起動時のメモリ・リークが改善されました。
      • 現象発生リビジョン
        Rev 1.00.00 ~ 2.43.01
2020年08月28日(金)2.43.01
  • 不具合項目
    1. Shmoo 結果の任意のポイントでの測定の再実行時に初期化処理及び終了処理が実行されていませんでした。
      • 改善後の動作
        上記の条件において、初期化処理及び終了処理が実行されます。
      • 現象発生レビジョン
        Rev 2.22.00 - Rev 2.43.00
    2. 測定条件のエラーのためにShmoo Plot Toolが起動できなかった場合、その後変数定義を変更すると、不要なエラー・メッセージがメッセージ表示領域に表示されていました。
      • 改善後の動作
        不要なエラー・メッセージは表示されません。
      • 現象発生レビジョン
        Rev 1.00.00 - Rev 2.43.00
2020年08月07日(金)2.43.00
  • 追加機能

    1. ATEサービス社製UTILITY BOXに対応しました。
2020年02月03日(月)2.41.01
  • 不具合項目

    1. Shmoo結果の任意のポイントでの測定の再実行で、測定結果が表示されませんでした。
      [改善後の動作]
      上記の条件において、測定結果が表示されます。
      [現象発生レビジョン]
      Rev 2.41.00
2020年01月16日(木)2.41.00
  • 前処理、後処理項目のInitial、Final指定に対応しました。
  • 前処理、後処理項目の結果がFailまたはErrorの時に解析処理を中断する機能に対応しました。
  • Shmoo結果を取得する測定項目を選択する機能に対応しました。
  • Shmooデータ取得中に測定項目のデータログを出力する機能に対応しました。
  • パラメータの変数を実行前に再評価するように改善しました。
2016年05月09日(月)2.25.00
  • 不具合項目
    1. Shmooを停止させて、すぐにShmooの取得を実行すると、Shmooが正しく取得できませんでした。

      改善後の動作
      上記の条件において、正しくShmooの取得ができるようになりました。
      現象発生レビジョン
      Rev 1.00.00 ~ Rev 2.24.00
    2. Shmoo Plotを起動後、信号条件を変更して測定項目を実行するとエラーが発生し、測定ができませんでした。

      改善後の動作
      上記の条件において、正しく測定できるようになりました。
      現象発生レビジョン
      Rev 2.24.00
    3. 測定項目を実行すると、Shmoo結果がクリアされていました。

      改善後の動作
      上記の条件において、Shmoo結果はクリアされなくなりました。
      現象発生レビジョン
      Rev 2.24.00
2016年03月18日(金)2.24.00

X軸およびY軸のパラメータに変数を指定できるようになりました。

2015年09月30日(水)2.23.00
  • Shmoo結果の任意のポイントの値の測定条件への設定
    • Shmoo 結果の任意のポイントの値を測定条件に設定できるようになりました。
2015年07月22日(水)2.22.03

Shmoo のパラメータにFixLevelを選択してもShmooの取得ができない不具合の修正

Shmoo Plot Toolにてシグナル条件ウィンドウのFix LevelをShmooパラメータと して選択した時、[Setup Axis Value and Execute]画面で[Parameter]が表示されませんでした。 そのため、Shmoo軸条件の設定ができ、Shmooの取得ができませんでした。

[改善後の動作]

上記の条件において、Shmooの取得ができるようになりました。

[現象発生レビジョン]

Rev 2.22.00

2015年06月08日(月)2.22.00
  • エキスパート・モードでのインターポーズへの対応
    • エキスパート・モードでのインターポーズに対応しました。
  • 測定の再実行
    • Shmoo結果の任意のポイントでの測定の再実行ができるようになりました。 また、測定の実行後、測定条件の設定値の確認ができるようになりました。
  • 変更した測定条件の適用
    • CloudTesting(TM) Lab上で測定条件を変更した場合に、その変更を即座に適用するように改善しました。
  • トラッキング指定時の測定条件に誤差が発生する現象
    • 信号条件のPeriodに対するトラッキングを指定した場合、測定条件に誤差が発生し、測定結果が正しくありませんでした。
    • [改善後の動作]
      • 上記の条件において、測定結果がなりました。
    • [現象発生レビジョン]
      • Rev 1.00.00 ~ Rev 2.12.00
  • CloudTesting(TM)Labの測定条件が意図せずに変更される現象
    • Shmoo Plotを取得せずにPattern Viewerとの連動を行った場合、選択したポイントの測定条件がCloudTesting(TM)Labの測定条件に設定されていました。
    • [改善後の動作]
      • 上記の条件において、CloudTesting(TM)Labの測定条件が変更されなくなりました。
    • [現象発生レビジョン]
      • Rev 1.00.00 ~ Rev 2.12.00
  • 警告メッセージが誤って表示される現象
  • Y軸パラメータを指定した時、Shmoo取得時に以下の警告メッセージが誤って表示される場合がありました。
    • [Warning!!: The measurement condition of this pin(ピン名) is overwritten.]
    • [改善後の動作]
      • 上記の条件において、誤って警告メッセージが表示されなくなりました。
    • [現象発生レビジョン]
      • Rev 1.00.00 ~ Rev 2.12.00
  • Shmooログの説明文の不備
    • Shmoo結果の値の説明に [Not Executed]の場合がありませんでした。
    • [改善後の動作]
      • [Not Executed]の説明が表示されるようになりました。
    • [現象発生レビジョン]
      • Rev 1.00.00 ~ Rev 2.12.00
2015年02月02日(月)2.12.00
  • Java8対応
    • 動作環境を Java 8 に移行しました。Oracle社のサイトから Java Runtime Environment 8 をダウンロードして インストールしてください。
  • IPマネージャ
    • 購入済みIPの自動インストールおよび自動認証が可能となりました。
2014年08月29日(金)2.11.00
  • 複数ピン指定の測定条件から任意ピンを対象にした相対トラッキングができませんでした。
    • [改善後の動作]
      • 複数ピン指定の測定条件が定義されているとき、任意パラメータをトラッキングしながらShmooを取得することができます。
    • [現象発生レビジョン]
      • Rev 1.02.00~Rev 2.10.00
2014年05月30日(金)2.10.00
  • トラッキング可能なパラメータの追加
    • トラッキング可能なパラメータに以下を追加しました。
      • Termination voltage
      • Load Threshold
2013年11月01日(金)1.02.00
  • トラッキング対応
    • 任意のパラメータをトラッキングしながらShmooを取得することができるようになりました。
2013年01月24日(木)1.01.00
  • Shmoo軸条件で設定できるCount数
    • 軸パラメータのみ設定するShmooの場合、Count数が10201まで設定できるようになりました。
    • X軸パラメータおよびY軸パラメータを設定するShmooの場合、X軸およびY軸のCount数の積が10201まで設定できるようになりました。
  • AutoTrackingの制限緩和
    • Y軸パラメータに信号条件のPeriod、X軸パラメータにTimingA、TimingBまたはJudge Timingのいずれかを指定した場合、信号条件のPeriodに対するトラッキング指定ができるようになりました。
    • Y軸パラメータに電源条件のSource Value、X軸パラメータにVIH、VILまたはFixed Levelのいずれかを指定した場合、電源条件のSource Valueに対するトラッキング指定ができるようになりました。