Power Supply Current Measurement for Memory

Power Supply Current Measurement for Memoryは、メモリICの電源電流を簡単に測定することが出来ます。

  • メモリICにパターンデータを入力して特定の動作状態の電源電流を測定できます。
  • 複数回測定した電源電流値の平均値を求めることができます。
  • 測定値に対してリミット値を設定することにより、良否判定出来ます。
  • 測定レンジを選択することにより、必要に応じた精度で測定出来ます。
  • 並列運転時の電源ピンに流れる微小電流を測定できます。

Rev 1.06.02の改版内容

  1. [Measure Condition]タブで [Change Measure RangeA at Measurement]が有効(チェックボックスをチェックした)の場合、
    パターン命令“WAIT”で繰り返しの測定ができていませんでしたので、正しく動作するように修正しました。
  2. Rev1.06.01にてRev1.06.00で対応した以下の項目が含まれていませんでしたので、正しく動作するように修正しました。
    • 8Vレンジを使用したときに、以下の実行時エラーが発生することがありました。
      Run Time Exception “Unknown source range value ‘8.0’ in getSourceRange.”
      正しく使用している場合に本エラーが発生しないよう修正しました。
    • RVSの電流測定値を取得する機能を追加しました。

機能

Power Supply Current Measurement for Memoryは、メモリICの電源電流を簡単に測定することが出来ます。

  • メモリICにパターンデータを入力して特定の動作状態の電源電流を測定できます。

  • 複数回測定した電源電流値の平均値を求めることができます。

  • 測定値に対してリミット値を設定することにより、良否判定出来ます。

  • 測定レンジを選択することにより、必要に応じた精度で測定出来ます。

  • 並列運転時の電源ピンに流れる微小電流を測定できます。

  • 以下のライセンスに対応しています。

    • Condition Table Memory_TypeF License(PCXA01-3004) (Manual)
    • High Resolution Timing Memory_TypeF License(PCXA01-3006) (Manual)

カートに入れる

製品グループアルゴリズムIP
型番PCXA01-M3003
関連リンク
提供元株式会社ADVANTEST
対応機器
  • CX1000P MEMORY_TYPE_F
  • CX1000D MEMORY_TYPE_F
Condition Table Memory_TypeF License

High Resolution Timing Setting for Memory_TypeF License

リビジョン

リリース日リビジョン番号内容
2019年06月19日(水)1.06.02
  1. [Measure Condition]タブで [Change Measure RangeA at Measurement]が有効(チェックボックスをチェックした)の場合、
    パターン命令“WAIT”で繰り返しの測定ができていませんでしたので、正しく動作するように修正しました。
  2. Rev1.06.01にてRev1.06.00で対応した以下の項目が含まれていませんでしたので、正しく動作するように修正しました。
    • 8Vレンジを使用したときに、以下の実行時エラーが発生することがありました。
      Run Time Exception “Unknown source range value ‘8.0’ in getSourceRange.”
      正しく使用している場合に本エラーが発生しないよう修正しました。
    • RVSの電流測定値を取得する機能を追加しました。
2019年04月24日(水)1.06.01
  • “Stabilization Wait Time”を設定値より長く設定していました。それを正しく設定します。
2019年02月08日(金)1.06.00
  • 8Vレンジを使用したときに、以下の実行時エラーが発生することがありました。 Run Time Exception “Unknown source range value ‘8.0’ in getSourceRange.” 正しく使用している場合に本エラーが発生しないよう修正しました。
  • パターン・シーケンス命令“WAIT”をサポートしました。
  • RVSの電流測定値を取得する機能を追加しました。
  • 日本語商品名を“電源電流検証メモリ用”から“Power Supply Current Measurement for Memory”に変更しました。
2016年12月06日(火)1.05.00

エキスパート・モードの“フロー項目一覧領域”の“電源遮断制御”機能に対応しました。

関連するお知らせ

2016年11月10日(木)
ET 2016 組込み総合技術展に出展

CloudTesting™ Serviceを用いたデモンストレーションが、11月16日から11月18日にかけて開催される[ET 2016 組込み総合技術展]のお客様ブースにて実施されます。