DGTを用いたレギュレータ出力遅延時間測定

はじめに

レギュレーター回路の出力遅延時間(=出力電圧が規定電圧範囲内に収まるまでの時間)を評価する場合があります。

CloudTesting™ ServiceのDGTを用いてレギュレーター出力を高精度に測定する事により、高精度に出力遅延時間を測定することができます。

本書では、CloudTesting™ Serviceを利用してレギュレーター出力の出力遅延時間を測定する方法を解説します。

題材

以下の図中のtDelayを測定します。

必要IP

アナログ出力検証IP

測定対象から出力される電圧を、パターン・プログラムに同期して測定するアルゴリズムIPです。測定値毎にリミット値を設定し、良否判定します。

汎用サーチIP

測定項目を指定し、その測定項目で使用している変数の値を変化させる事により、指定した測定項目のPass/Fail変化点を検索します。Pass/Fail変化点に対してリミット値を設定し、良否判定します。

測定手順

1. 変数を宣言する

汎用サーチIPで変化させる変数を宣言します。

設定具体例

以下の例では変数“tDelay”を宣言しています。

2. アナログ出力検証IPで出力電圧を測定するテストアイテムを作成する

アナログ出力検証IPでは、電圧をサンプリングする箇所をパターンアドレスによって指定します。

以下の図の様にトリガ端子がHigh(アナログ出力開始)になった後のアナログ出力端子の電圧をパターンアドレス[n+1]でサンプリングします。

設定具体例

1.サンプリングするパターンアドレスを設定する

以下の図のようにアナログ出力検証IPDGT Conditonタブで出力電圧をサンプリングするパターンアドレスを設定します。

2.立ち上がり時間を演算式で指定する

以下の図のようにSignalタブでトリガ端子の立ち上がりタイミングを演算式で設定します。 汎用サーチIPで立ち上がりタイミングを変化させる為です。

3.判定する電圧範囲を設定する

以下の図のようにMeasurement Resultタブで出力電圧の判定範囲を設定します。

3. 汎用サーチIPによって出力遅延時間を測定する

汎用サーチIP は、測定項目を指定し、その測定項目で使用している変数の値を変化させる事により、指定した測定項目のPass/Fail変化点を検索します。

以下の図の様に出力遅延時間を測定します。

  1. 汎用サーチIPによってトリガ端子の立ち上がりエッジを前にずらしていきます。
  2. トリガ端子に追従して出力電圧が変化します。アナログ出力検証IPで作成したテストアイテムがFailからPassに変化したトリガ端子の立ち上がりタイミングの値を“トリガ端子がHighになってから出力電圧が所定の電圧値になるまでの時間”とします。

設定具体例

1.変化させる変数、測定項目などの条件を設定する

以下の図の様にConditionタブで変化させる変数などを設定します。

2.テストを実行する

テストを実行します。

3.測定結果の確認

データログにて測定結果を確認します。

注意事項

  • “電圧を測定するテストアイテム”は、汎用サーチIPが実行するので、フローでの試験実行対象から外します。

更新日
2017年01月01日(日)