ご利用の流れ

CloudTesting™ Serviceで測定・解析を始めるまでの流れをご案内致します。

CloudTesting™ Serviceの利用を開始するにあたり、事前に会員登録を行なってください。 会員は、マニュアルの閲覧や製品の購入ができます。

事前に確認すること

CloudTesting™ Serviceを利用する前に、測定内容を確認します。

行いたい測定をCloudTesting™ Serviceで実施する方法が分かりづらい場合、お気軽にお問い合わせ下さい。 目的にあった測定方法や製品をエンジニアがご提案致します。

測定内容の確認項目
項目 内容
なにを測定するか 測定するデバイスをご確認ください。ピン数や電源電圧などのデバイス仕様から、CloudTesting™ Stationの機種を選びます。
どのように測定するか 実施する測定項目をご確認ください。CloudTesting™ Serviceは、測定手順をアルゴリズムIPで提供しています。
いつ測定するか 測定を行う時期を確認します。測定を行う時期に合わせて、試用版の製品で試用を行います。
どこで測定をするか CloudTesting™ Serviceは、様々な国や地域でサービスを提供しています。利用する場所でサービスを利用できるか、ご確認ください。

CloudTesting™ Stationを選ぶ

測定するデバイスの仕様に合わせて、CloudTesting™ Stationの機種とファームウェアを選びます。

機種

CloudTesting™ Stationは、CX1000PとCX1000Dの2機種があります。 使用する測定チャンネル数に応じて、いずれかの機種を選択します。

詳しい仕様は、CX1000 ユーザーズ・マニュアルを参照してください。

ファームウェア

CloudTesting™ Stationは、CX1000_MCUとMEMORY_TYPE_Fの2つのファームウェアがあります。 ファームウェアは、CloudTesting™ Labから切り替えることができます。

CX1000_MCUファームウェアは、MCUなど幅広いデバイスに向けた機能を持っています。

MEMORY_TYPE_Fファームウェアは、フラッシュメモリを始めとしたメモリ・デバイスに向けた機能を持っています。

測定用ボードとケーブルを手配する

選択したCloudTesting™ Stationに合わせて、測定用ボードとケーブルを手配します。

測定用ボードは、パートナー企業から購入できます。 ご自身で測定用ボードを作成する場合は、テストボード作成ガイドを参照して下さい。

ケーブルは、Cloud Testing Service株式会社からもパートナー企業からも購入できます。 ケーブルは線材や長さによって、価格が異なります。

ソフトウェアを選ぶ

CloudTesting™ Serviceでは、CloudTesting™ Labというソフトウェアで測定を行います。

測定・解析を行う機能は、アルゴリズムIPとアナリシスIPで追加します。

アルゴリズムIPは、測定を行うソフトウェアです。 コンタクト試験や電源電流試験などの測定項目は、CloudTesting™ LabでアルゴリズムIPを選択して作成します。 CloudTesting™ Labで測定項目を実行すると、実際に測定が行われます。

アナリシスIPは、解析を行うソフトウェアです。 出力波形や電源電圧対動作周波数などの解析は、CloudTesting™ LabでアナリシスIPを起動して行います。

更新日
2017年01月01日(日)