校正と修理

このドキュメントは、CloudTesting™ Stationの校正と修理について述べます。

校正

Cloud Testing Service株式会社は、校正済みのCloudTesting™ Stationをお送りします。 校正実施日は、本体に貼られたシールに記載されています。
校正は、お客様ご自身で行うこともCloud Testing Service株式会社に依頼することもできます。

自分で校正する

自分でCloudTesting™ Stationを校正する場合、以下の製品と機器が必要です。

  1. 高精度レベル・キャリブレーション
  2. CTS FUNCケーブル
  3. CTS CONTケーブル
  4. CX1000 DC Calibrationボード・セット
  5. デジタル・マルチメータ
  6. 周波数カウンタ
  7. タイミング校正用ケーブル(詳細はCX1000ユーザーズ・マニュアルを参照して下さい)

デジタルマルチメータは、以下のいずれかを利用できます。

メーカー 型番 I/F
ADC Corporation 7461A or AD7461A NI GPIB-USB-HS
Keysight Technologies, Inc. 34461A USB
Keysight Technologies, Inc. 3458A NI GPIB-USB-HS

7461A,AD7461A,3458Aを使用する場合には、Hi-Speed USB 対応 GPIB コントローラ NI GPIB-USB-HSが必要です。 34461A を使用する場合には必要ありません。

周波数カウンタは、以下の仕様を満たしている必要があります。

項目 内容
レンジ60MHz - 1500MHz
分解能1Hz
安定度エージングレート ± 1×10^-6/年
温度(0°C - 50°C) ± 1×10^-6

校正を依頼する

Cloud Testing Service株式会社に校正を依頼する場合、校正済みの機種と入れ替えを行います。

校正を依頼する場合、お問い合わせフォームからご依頼ください。 校正証明書が必要な場合は、その旨を記入してください。 お問い合わせ頂き次第、見積りをお送り致します。

CloudTesting™ Stationの修理

CloudTesting™ Stationが故障した場合、Cloud Testing Service株式会社までご連絡ください。 お問い合わせの際に、以下の項目を明記してください。

  • 故障したCloudTesting™ Stationのシリアル No.
  • セルフチェックの結果

修理が必要な場合、代替のCloudTesting™ Stationと交換致します。

原則として交換・修理費用は弊社負担です。 ただし、故障原因がお客様の故意、過失によるものと認められた場合は、 交換・修理費用(代替品の送料含む)はお客様の負担となります。 弊社工場に引き上げ確認後、費用をご連絡させていただきます。 費用が発生する場合、直近月のご利用代金とあわせてご請求させていただきます。

更新日
2017年01月01日(日)