CATVert-W for CX1000

CATVert-W for CX1000は、WGLファイルからCX1000用ファイルを生成するソフトウェアです。

WGLファイルは、WGL Languages, Vol. II, R2001.1 の仕様に準拠している必要があります。 このソフトウェアは、以下のCX1000用のファイルを生成します。

  • パターン・ファイル
  • パターン・クロス・リファレンス・ファイル
  • Pin Assignment ファイル
  • Pin Groupファイル
  • 信号条件ファイル

パターン・ソース・ファイルは、WGLファイルのPatternブロックおよびTimeplatesブロックの情報を使用して出力します。 WGLファイルからパターン・ソース・ファイルを自動生成できるので、パターン・プログラムの開発時間を大幅に短縮できます。

ピン定義(Pin Assignment, Pin Group)のCSVファイルは、CloudTesting™ Lab のピン定義インポート機能および信号条件インポート機能を利用してワークプロジェクトに読み込むことができます。

CATVert-W for CX1000は変換を行う際に、CX1000のハードウェア制約に違反していないか自動的にチェックします。 また、WGLファイルのパターンに記述されたループ回数がハードウェア制約に違反している場合は、違反しないようにパターン・ソース・ファイルを変換して出力します。

カートに入れる

製品グループEDA連携
型番PCXT01-M9006
関連リンク
提供元株式会社アドバンテスト
対応機器
  • CX1000P CX1000_MCU
  • CX1000D CX1000_MCU
  • CX1000D S2-LINK CX1000_MCU

リビジョン

リリース日リビジョン番号内容
2019年04月01日(月)1.00.01RC
  • 新しいE-コマースシステムに対応しました。
  • 以下のコマンド・オプションに数字を含むピン名を指定できない不具合を修正しました。

    -allpname [pin_name]
    -grpname [pingrp_name]

[注意]

このレビジョンをインストールする際には、先に以前インストールしたCATVert-W for CX1000をアンインストールしてください。