オシロスコープ

オシロスコープは、測定対象の出力信号を波形で表示するアナリシスIPです。

外部機器を接続することなく、出力信号の波形を確認できます。

Rev 1.04.00からの新機能

  • ツール内で前処理、後処理項目の確認と設定が出来るようになりました。

機能

  • I/Oピンの出力波形の観測が出来ます。
  • グラフ表示の拡大が出来ます。
  • カーソル・モードを使用して波形の値の確認が出来ます。
  • グラフ表示の保存、読み込みが出来ます。

詳細

IP名 オシロスコープ
リビジョン 1.04.00
CloudTesting Station CX1000P, CX1000D, CX1000D S2-LINK
ファームウェア CX1000_MCU
CloudTesting Lab R2.32.00以降

カートに入れる

サインインが必要です。

サインインが必要です。

製品グループアナリシスIP
型番PCXT01-M6040
関連リンク
提供元株式会社ADVANTEST
対応機器
  • CX1000P CX1000_MCU
  • CX1000D CX1000_MCU
  • CX1000D S2-LINK CX1000_MCU
複数波形表示および重ね合わせ機能(Oscilloscope)

機能試験IP

リビジョン

リリース日リビジョン番号内容
2018年07月05日(木)1.04.00
  • ツール内で前処理、後処理項目の確認と設定が出来るようになりました。
2015年09月30日(水)1.03.00
  • サンプリング実行時間を改善しました。
2015年07月03日(金)1.02.00
  • サンプリングトリガ値を16進数で表示できるようになりました。
  • 波形取得時にインターポーズ処理を実行できるようになりました。
  • 波形取得時に、測定条件の再印加ができるようになりました。
  • 波形表示の一括削除ができるようになりました。
2015年02月02日(月)1.01.00
  • IP Manager対応
2014年11月04日(火)1.00.00
  • 初版