CX1000 Satellite Board Box type2 (White)

CX1000 Satellite Board Boxは、テスト・ボードとケーブルの接続にスプリング・ピンを採用した接続機器です。

テスト・ボードは、測定・解析を行う対象と測定器を接続する重要な部品です。

テスト・ボードをコネクタで接続する方法は、品種が少ない場合に経済的です。 しかし、品種が増えるにつれケーブルの抜き差しの手間や接続ミスなどが発生します。

CX1000 Satellite Board Boxはスプリング・ピンを採用したことで、テストボードの交換作業が容易になり、CX1000本体との接続信頼性が向上します。 また、テスト・ボードからコネクタを削除したことにより、テスト・ボードの組配が容易になります。

特徴

  • CTS FUNCケーブル(1.0m)を4本接続可能(ケーブルは付属しません)
  • CTS CONTケーブル(1.0m)を1本接続可能(ケーブルは付属しません)
  • 2系統の外部電源を接続可能
  • 外部オプション信号用コネクタ取り付けパネルあり
  • CX1000P、CX1000D兼用

仕様

外形寸法 (縦 x 横 x 高さ) 260mm x 330mm x 147mm
質量 約4.8kg
周囲温度 -20℃ to +60℃

カートに入れる

製品グループ測定用ボード
型番PCXB01-M0036
関連リンク
提供元株式会社ADVANTEST
対応機器