Generic Search IP

Generic Search IPは、他のアルゴリズムIPで作成した測定項目を使って様々な評価を行うアルゴリズムIPです。
評価対象パラメータに変数を使用することにより、そのパラメータの評価を容易に行うことができます。

既にデバッグ済みの測定項目を利用して、様々なパラメータの評価できます。
例えば次のような評価を容易に行うことができます。

  • Functional Testing IPを使用し、最高動作周波数を測定する。
  • Functional Testing IPを使用し、最低動作電源電圧を測定する。
  • Functional Testing IPを使用し、VIHを測定する。
  • Functional Testing IPを使用し、VILを測定する。
  • DC Parametric Measure IPを使用し、印加電圧や電流値をスキャンして電気的特性を評価する。
  • Power Supply Current Measure IPを使用し、電源電圧に対する電源電流特性を評価する。
  • Power Supply Current Measure IPを使用し、動作周波数に対する電源電流特性を評価する。
  • Frequency Measure IPを使用し、DUTY比尤度や発振周波数を評価する。

Rev 1.02.10の改版内容

  • [Use Pre/Post Execution Item(s)]と[Post Interpose]機能を併用したときにエラーが発生する不具合を修正しました。

機能

Generic Search IPは、測定項目を指定し、その測定項目で使用している変数の値を変化させる事により、指定した測定項目のPass/Fail変化点をサーチします。

  • 指定した測定項目のPass/Fail変化点をサーチできます。
  • サーチ方法はLinearサーチ、Binaryサーチ、Full Scanの3種類があります。
  • 2つの分解能、サーチ方法でサーチする2段階サーチによるサーチができます。これにより、測定時間と分解能を最適化できます。2段階サーチ機能を使用する場合はTwo Step Search Plugin for Generic Search IPが必要です。
  • PASS/FAIL変化点をサーチできなかった場合の結果を指定できます。
  • サーチの前後で他の測定項目を実行できます。
  • サーチ結果に対してリミット値を設定し、良否判定できます。
  • サーチ毎の各種測定値をコンソールに出力できます。  
  • サーチ毎の各種測定値をCSVファイルに保存できます。
  • インターポーズ処理でサーチ結果や判定結果を変数に保存できます。
  • [Full Scan]実行時のサーチ毎の各測定値をWaveform Viewer Toolで表示できます。
  • サーチ結果を[Target Variable]に保存することができます。

カートに入れる

サインインが必要です。

サインインが必要です。

製品グループアルゴリズムIP
型番PCXA01-M5005
関連リンク
提供元株式会社アドバンテスト
対応機器
  • CX1000P CX1000_MCU
  • CX1000D CX1000_MCU
  • CX1000D S2-LINK CX1000_MCU
  • CX1000P MEMORY_TYPE_F
  • CX1000D MEMORY_TYPE_F
機能検証メモリ用

電源電流検証メモリ用

電源電流測定IP

電流・電圧検証メモリ用

周波数測定IP

DC Parametric Measure IP

機能試験IP

汎用サーチIP用2段階サーチプラグイン

リビジョン

リリース日リビジョン番号内容
2018年12月04日(火)1.02.10
  • [Use Pre/Post Execution Item(s)]と[Post Interpose]機能を併用したときにエラーが発生する不具合を修正しました。
2018年11月06日(火)1.02.00
  • サーチ結果を[Target Variable]に保存する機能を追加しました。
  • 特定の条件において、測定項目実行後に[Data Log Setting]の[Type]が無効に設定されてしまう不具合を修正しました。
  • 製品名を「汎用サーチIP」から「Generic Search IP」に変更しました。
2017年10月30日(月)1.01.00
  • サーチ毎の各種測定値をコンソールに出力する機能を追加しました。  
  • [Full Scan]実行時のサーチ毎の各測定値を波形表示ツール(Waveform Viewer)で表示する機能を追加しました。
  • サーチの前後で他の測定項目を実行する機能を追加しました。
  • 2段階サーチ機能を追加しました。2つの分解能、サーチ方法でサーチすることにより、測定時間と分解能を最適化できます。2段階サーチ機能を使用する場合は汎用サーチIP用2段階サーチプラグインが必要です。
  • PASS/FAIL変化点をサーチできなかった場合の結果を指定する機能を追加しました
  • Binaryサーチの実行条件の設定方法を変更しました。Rev1.00.00で作成したワーク・プロジェクトはそのままご使用頂けます。
2016年05月25日(水)1.00.00

初版

汎用サーチIPは、測定項目を指定し、その測定項目で使用している変数の値を変化させる事により、指定した測定項目のPass/Fail変化点を検索します。 Pass/Fail変化点に対してリミット値を設定し、良否判定します。